働く車シリーズ

高所作業車

高所作業車とは、電線や電話線などの工事や、街灯の修理といった高い場所での作業に使われている車です。

アームの先の箱に人を乗せて、高いところにアームを伸ばして作業をします。

私たちの暮らす街の電球や街灯交換では、この車が大活躍します。

 

はしご車

火事や災害が起こったとき、即座に出動して火を消したり人命救助をしてくれます。

ビルの12階まで約1分ほどではしごを伸ばすことが可能です。

 

クレーン車

クレーンが運転台の後方にある車です。

重たい荷物をクレーンで荷台に乗せて運ぶことが出来ます。

クレーン車の中には5t、人間約50人分の重い荷物を持ち上げることが出来るクレーンもあります。

 

ダンプカー

荷台に土や砂などを乗せて運びます。

工事現場などでよく見かけるトラックですね。

人間約200人分の重さの約10tもの荷物を一度に運ぶことが出来ます。

ダンプは英語で「どさっと捨てる」といった意味があります。

荷台を傾けて荷物を下ろすので、ダンプカーと呼ばれるようになりました。

 

散水車

タンク内の水を撒く車です。

道路の清掃や、街路樹への水撒き、凍結防止剤を撒く必要がある場合に使われています。

道路を清掃する際は、車に付いているブラシと一体型のロードスイーパーと仕事をします。

 

タラップ車

空港で見ることが出来ます。

飛行機に乗る人のために、階段を用意するための車です。

今は空港にボディングブリッジと呼ばれる直接飛行機に乗り降り出来る箇所がありますが、空港が混雑していたり、緊急時には大活躍します。

 

馬運車

競走馬などを運ぶ際に使われています。

一度に4頭まで運ぶことが可能です。

タイヤと車体をつなぐ箇所に空気のクッションがついており、地面から伝わる揺れを軽減出来るので、馬に負担が少なくなっています。

 

レスキュー車

地震や火災、水害、様々な災害時に人命救助活動の手助けをしてくれます。

個人的に最も好きなトラックです。

荷台にはウインチやクレーン、はしご、担架、電動カッター、酸素ボンベなど様々な物を搭載しています。

 

ロードスイーパー

夜中に道路で見た事があるかもしれません。

道路の汚れやごみなどを走りながら清掃します。

溜まったごみは、ダンプカーに載せかえて捨てます。

左ハンドルになっており、道路の端っこギリギリを走りながら掃除をします。

 

 

他にも様々なトラックがありますが、これらのトラックでもトラック買取り業者は買い取ってくれるのでしょうか。

ものすごく高価な値が付きそうですね。

もし売っていても買うことが出来ない気がします。

hel43898

Send a Comment

Your email address will not be published.

ERROR: si-captcha.php plugin: GD image support not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable GD image support for PHP.

ERROR: si-captcha.php plugin: imagepng function not detected in PHP!

Contact your web host and ask them to enable imagepng for PHP.